ブログやメルマガ発行者、講師、教育者、経営者など自分の想いを多くの人に伝えたい方へ

もし、あなたが人を育てるビジネスに関わっていらっしゃるなら、こんな気持ちになったことはありませんか?

「クライアントに継続的にメッセージを伝えていきたい」

「もっと自分を理解してもらえるような情報発信をしていきたい」

「出版できるだけの文章を書きたい!」

「雑誌などに連載記事を書いてみたい!」

「ブログやメルマガを通じてを書いていきたい」

とは思うものの、

「でも、継続的に情報発信していったらネタ切れになりそう」

「他人の意見と似たり寄ったりで、自分らしいことが書けない」

と思って、なかなか一歩が踏み出せない。

または、過去にブログやメルマガにチャレンジしてみたものの、続けることが出来ずに挫折してしまった。

そんなあなたの不安を解消し、自分独自の情報発信が出来るように なる思考方法を身に付けたくはありませんか?

もしご興味があれば、このメールを最後までお読みください。

● 自分ブランドでビジネスをされていらっしゃる方へ

講師業、コーチ、コンサルタント、研修業、カウンセラーなど、自分自身が看板であり、ブランドとなるビジネスに取り組まれて いらっしゃる方は、自分自身をいかに表現するかということが、とても重要です。

現在は昔と違い、ホームページ、ブログ、メールマガジンなど、安価で全世界的に情報発信が出来る環境が整っています。

この環境が一体何を意味するのかというと、

 ★ 自分自身の情報を発信する力の有無が、ビジネスを大きく左右する

ということに他なりません。

あなたのお客様予備軍は、あなたから発せられるメッセージを 吟味、検討しながら、あなたのサービスを受けるかどうかを 決めていきます。

その際、きちんと自分の考えを表現している人と、そうでない人 の間には、当然ながら自身の考えを表現できている人が選ばれる でしょう。

もちろん、すでにしっかりとした実績があり、口コミで引く手 あまたという状態が出来上がっているのならば、情報発信などを 行わなくてもいいのかもしれません。

しかし、ビジネスを立ち上げて間もない方や、新しい分野に 進出しよう、という方にとっては、そこで活動するにあたって、 お客様予備軍の方たちにきちんと自分のメッセージが伝えられるかどうかは、きわめて重要になります。

また、クライアントと継続的に良好な関係を保ちたいということを考えた場合、クライアントの増加に伴い、マンツーマンの関係性だけで維持していこうというのは難しい話となります。

特に、研修やセミナーなどを行っている方は、年間数百人から数千人の受講者達とお付き合いがあるわけですから、とてもマンツーマンで対応していくことは無理です。

そういったときにでも、継続的に情報発信をしていくことが出来たら受講者の方たちともつながっていくことが可能となります。

つまり、継続的な情報発信は、

 ★ 良質なクライアントを獲得するため

 ★ クライアントとの関係を継続していくため

に、大変重要な手法なのです。

他にも、情報発信を継続的に続けていくことで得られるメリットがあります。それは、

 ★ 自身のコンテンツの蓄積

です。

自分をブランド化していくプロセスの中では、雑誌への寄稿や出版なども、重要な戦術のひとつとなるでしょう。

その際に、日々発信している情報の蓄積があるかどうかは、出版社や雑誌社を説得する、大きな材料のひとつとなります。

発信できるメッセージのクオリティの保証もさることながら、一定量の文章をきちんと書ける、ということを証明するためにも、非常に重要な材料となるのです。

つまり、

 ★ 独自の視点 × 表現力 × 蓄積量

これが、自分自身の強固なブランドを創り上げていくために必要な三要素なのです。

そのためにも、自分の考え、想いを

 ★ 定期的、継続的に発信し続けていく

ことが必要なのです。

私は現在、企業研修と公開セミナーを軸に活動しています。

活動を始めたのは2003年。以来今年で5年目を迎えます。

私がこのビジネスを行うにあたり、最初から現在に至るまで、継続してやってきたことと言えば、

 ■ ブログやメルマガを通じての情報発信

くらいなものです。

しかし、これが、今の自分のビジネス基盤を作ってくれて いると言っても過言ではありません。

最初の出版は、当時日刊で発行していたメールマガジンの ストック、原稿用紙にして約600枚近くもあるものを見せ、出版にこぎ着けることが出来ました。

また、現在、平日日刊のメルマガの他に、ビジネス系 情報ポータルサイトのBiz.IDで、週1回の連載、また、人事系専門情報誌「企業と人材」でも月1回の 連載を持たせていただいているのも、継続的に情報発信を していることのたまものだと思います。

さらには、面識無い方とのお付き合いなども、メルマガの案内 をさせていただいた上でお会いすると、話も非常にスムーズに 進みます。

このように、情報発信を継続的に行っていくことにより、自身のブランド作りや、ビジネスの広がりもスムーズに進めていくことが可能になるのです。

また、受講者の方たちへの継続的なフォローにも、この情報発信は活用できます。

時間までに伝えることが出来なかったメッセージを伝えたり。

また、折に触れて思い出して欲しいメッセージなどを定期的に送ったり。

このように、継続的な情報発信の媒体を持つことで、1回だけのセミナー・研修では出来なかった、受講生に成果をもたらすアプローチも不可能ではなくなるのです。

今回のセミナーでは、このように、自分自身の考えをいかに継続的に発信していくかについて、その考え方や方法を、実際に私自身が毎日発行しているメールマガジンを題材にしてお伝えしていきます。

このセミナーに参加することで、

 ・毎日の出来事の中から、テーマをどう切り出していくのか。
  ・他の人とはひと味違う視点をどうやって持つか。
  ・そのテーマと視点をもとに、どうやって伝わる表現と変えていくか。
  ・これらを、どうやって定期的・継続的に発信し続けていくのか。

という方法を知ることが出来ます。

その方法を、私が日々発行しているメールマガジンを事例にとって、

 ★ このメルマガを書いたときの思考プロセスをすべて公開

いたします。机上の方法論ではなく、日々実践している考え方をお話しすることで、皆さんのお役に立てたら、と思っています。

受講者の方からこのような感想を頂きました

毎日、あれだけの質とボリュームのメルマガをどのようにして配信されているのか、とても知りたかったので、今日は楽しみにしてしておりました。期待以上のお話、特に心構えやアイディアのつむぎ方などを知ることが出来て大満足です。また、日々水野先生が実践されているスタイルなど、メルマガを書いておられる姿を想像できるメッセージがとても印象に残りました。

(アイネスト株式会社 代表取締役 倉橋竜哉様)


以前よりメルマガで何度も繰り返し書かれていた、自分の過去を洗い出すと言うことを、どういう形でやればよいのかがよく分かりました。情報発信をする前の段階で、自分はまずここをやって見ようと思いました。これからも毎日のメルマガを大切に実践させていただきます。

(米海軍横須賀基地 インストラクター 鹿島謙一様)


伝えるメッセージの定め方と、その大切さが分かりました。また、水野さんの感性、繊細さも伝わり、感情を深く感じ、表現することの大切さも学ばせていただきました。最後のメッセージも、心に響きました。

(アンフォールド 代表 立野博一様)


  ネタではなく「人」で書く、という事が 一番役に立つ考え方でした。2時間が早かったです。勉強になりました。メルマガの構成/スタンスを変化させようとしていたので、参考になりました。セミナーの進め方も参考になりました。早速今月より実践します。

(ハイパーIT 代表 和田英克様)


  まず、伝えたい人を特定すること、これを常に意識したいと思います。水野先生のセミナーに出席させていただくと、とても元気を頂きます。ありがとうございました。

(小澤信朗様)


  メルマガ、ブログで 本当に●●がエンパワーされるように書こうと思いました。 それが多くの人たちの再生・復活・夢実現を叶えることになると確信しました。

(株式会社エンパワーリング 代表取締役 上村光弼様)


  情報継続発信思考プロセスを、まずしっかりフレームワークにすることが必要であるという考えが役に立ちました。また、情報発信を続けることは、自分の感情を磨くことだということに、改めて気づかされました。また、水野さんの情報発信の想いと、その一貫性を持った考え方・情熱に、 改めて感動しました。どこまで出来るか分かりませんが、そのやり方を教えていただいたので、文章を書き続けたり、出し続けることを始めたいと思います。

(研修講師 S.A様)


  水野さんのメルマガを読んでいて、読みやすい、納得できるパターンというか、型があるような気がしていましたが、それがどういった思考プロセスなのかが分かったことが役に立つと思いました。 
今日始めてお会いしましたが、メルマガの印象通りの方だな、と思いました(いい意味でです!)メルマガだけでなく、セミナーの構成等についても、とても勉強になりました。
2時間という短い時間でしたが、本を一冊読んだあとのような情報量がありました。どうもありがとうございました。

(教育業:S.S様)


情報の素材をどう集めるのかが明確になりました。また、セミナーの運営方法も参考になりました。水野さんのお話は初めてでしたが、メルマガを書くことの想いがよく伝わってきて、とても学びの多いセミナーでした。これから、私も情報発信するための素材を作り、情報発信できるようになりたいと思います。

(学習塾・教室長 K.O様)


水野さんの熱意、全体の話の進め方、構成力のすばらしさに大きな気づきを頂きました。とにかく、2時間を全く意識しない、素晴らしい内容で驚きました。論旨の進め方、エピソードの入れ方、笑いの取り方、ポイントの提示と、全て満点です。自分のプレゼンに是非とも利用させていただきます!

(営業企画マネージャー H.K様)


■日時:

2012年9月2日(日曜日)
14:15開場 14:30開始 18:30終了

■場所:

江東区産業会館  (地図はこちら)
〒135-0016  東京都江東区東陽4-5-1 (TEL:03-3699-6011)
アクセス::東京メトロ東西線 「東陽町」駅下車 4番出口右隣り

■定員: 15名
■料金:

今回のセミナーは、映像教材作成のための特別開催セミナーとなります。
そのため、セミナー進行のご協力や、受講者の声などご協力頂きたいことがありますので、その旨ご承諾頂ける方のみご参加下さい。

その代わり、通常の開催価格の半額にてご提供させて頂きます。


Warning: mktime() expects at most 6 parameters, 7 given in /home/hiromizunon/m-stn.com/public_html/sp/seminar/magsem/index.php on line 278
12,000円
(消費税込み)

 

お申し込みはこちら

※カード決済にも対応しています! 

最後に水野からのメッセージ

情報発信を継続的に行うことは、確かに大変なことであります。

しかし、その恩恵ははかりしれません。

私自身、平日日刊でメルマガを発行していますが、一番やっていて良かったと思うことは、

 ★ 自分自身の成長が加速した

と思えることです。

これは、昨年来より私のメルマガをご購読いただいていた方ならお解りになるかもしれません。

平日日刊を始めてから、実行力・思考力・分析力が、自分でも実感できるほど、大きく成長したのです。

継続は力なり、といいますが、まさにその通りだと思います。

今度のセミナーでは、その継続していくに当たっての、

 ★ 続けていくためのヒント

もお伝えしたいと思います。

自分の成長スピードを高めていきたい、と考えの方は、是非このセミナーにいらして下さいね。

株式会社マイルストーン代表取締役 セミナー構築アドバイザー 水野 浩志
セミナー構築アドバイザー水野浩志 詳細プロフィール
株式会社マイルストーン
代表取締役・セミナー構築アドバイザー
ヒューマンアカデミー横浜校 特別講師
産労総合研究所発行「企業と人材」にてコーナー執筆


千葉生まれ。横浜国立大学工学部中退。東京映像芸術学院卒業。
卒業後、企業向けイベント・映像制作会社、ソフトウエア開発会社、小売・飲食経営会社、会計事務所勤務を経て、2000年10月に独立。

NLP(神経言語プログラミング)及びコーチングを自らに適用することで、悪習慣脱出に成功。その体験を体系的プロセスにまとめ、2003年11月に著書「やめたいのにヤメられない!」がスパッとやめられる10秒日記(大和出版)を上梓。

その後、行動改革セミナーや文章作成等の自己表現セミナーを自社開催し、具体的な成果を出して好評を博す。特に行動改革セミナーでは、受講者の8割が48時間以内に自ら決めた新しい行動習慣を自発的に起こし、1ヵ月後時点での新習慣の定着率は50%を超える。

また、自社開催セミナーと平行して、著者、コンサルタントを中心に、セミナーや講演、プレゼンテーション、教育カリキュラム等の構築コンサルティング業務を行う。理論的なコンテンツ構築手法に加え、心理学および映画・演劇のドラマツルギーの手法を融合させた独自のメソッドが評判を呼び、コンサルティングに携わったコンテンツは30本以上、構築したセミナーの延べ時間数は350時間以上に及ぶ。

2005年より、セミナー構築メソッドを体系化させた「高品質セミナー作成講座」を定期的に開催。参加者が1年間で100名を越え、初心者はもとより、大学の助教授、プロの研修講師、大手コンサルティング会社等、話のプロフェッショナルも多数受講している。
自身の経験・体験から導き出した手法を、ロジカルかつエモーショナルに伝えることで、参加者を行動に駆り立て成果を出させるセミナーを行うことが信条。
| ホーム | プライバシー・ポリシー | 特定商取引に基づく表示 |