講師業、コーチ、コンサルタント、研修業、カウンセラー、
社内講師、人事担当者のための

コミュニティリーダー基礎講座(どんどん大きくなるコミュニティ構築の方程式)

人を育てる仕事に関わるあなたなら、こんな気持ちになったことはありませんか?

また、これから講師として活躍したいあなたは、こんな気持ちではないでしょうか。

そんなあなたのニーズをすべて解決する方法があります。

結果が出るまで相手と付き合い、講師としての収益基盤も確保する。
たくさんのフィードバックをもらい、コンテンツを充実させる。
口コミでセミナー集客もどんどん楽になる。

そんな方法があります。

もし、ご興味があれば、ぜひ、このページを最後までお読みください。

 


●本当に人を育てることが生きがいのあなたへ

今、このページをお読みのあなたは、人を育てることに心から生きがいを感じていることと思います。

しかし、人を育てることに使命を燃やすあなたであればこそ、セミナーや研修といった、数日、あるいは数時間の付き合いでは物足りないのではないでしょうか。

できることなら長いお付き合いをしたいし、相手が行動を起こし、結果を出すまで見届けてあげたいものですよね。

でも、それは簡単ではありません。
時間もかかるし、ボランティアベースでのお付き合いはそう多くはできないでしょう。

コンサルティングやコーチングという形態をとっている場合でも、関われる人数は限られています。

また、現実的に、営業活動や集客活動に不安を抱えている方や、自分らしいコンテンツとは何かということに悩まれている方もいらっしゃると思います。

現実的な制約の中で、できる限りの努力をされていても、「本当に自分は役に立っているのだろうか?」と虚しさを感じる方は、あなただけではありません。

多くの方が人を育てる立場の人間として、もっと世の中の役に立ちたい、と感じていらっしゃいます。

そんなあなたに朗報があります。

相手が結果を出すまで見届けることと、人が集まってくれて、
収益をきちんと確保することを両立させる方法があるのです。

それを実践されているのは、今回の講師である今井孝さん。

彼は、セミナーの講師や主催者をこなしながら、その受講者の皆さんと長期的なお付き合いをされています。

そして、その中からゾクゾクと結果が出ています。

セミナーの当日は、「難しいですねぇ・・・」と言って帰っていった受講者の方々も、数ヵ月後に、「おかげさまで、結果が出てきました」、「ビジネスがうまく行っています」という感想を言ってくれます。

それが違うのです。

彼の方法を使えば、受講者の方々のフォローも行いつつ、収益基盤もしっかりと構築することができるのです。

彼がやっているのは、ズバリ、「コミュニティ」です。

つまり、セミナーの受講者が「コミュニティ」に参加し、結果が出るまで中長期的に関係を保っているのです。

「コミュニティ」という表現が曖昧であれば、会員制勉強会や、会員制サークル、会員制サービスという表現のほうが分かりやすいかもしれません。

このコミュニティの良い点は、たくさんあります。

こんなメリットが主宰者側にも、参加者側にとってもあります。


●今井さんの実績

今井さんは、複数のコミュニティの主宰者をされています。

そのひとつが、コンサルタント・コミュニティです。

このコミュニティに参加したいがために、今井さんの主催しているセミナーに、24万円という高額でありながら、毎回40名もの方が参加されているのです。

コミュニティでは、お互いにノウハウを共有しあうことで、コンサルタントとして成功するひとがゾクゾクと現れています。

これは、コミュニティを構築して、相互支援しているからこそできることです。
コミュニティがなければ、成功事例はそれほどできていないでしょう。

この成功が口コミとなり、セミナーが毎回満員御礼になっているということなのです。

今井さんは他にも学生と若手社会人のコミュニティを主宰されていますし、いくつかのコミュニティの顧問としても活躍されています。

コミュニティリーダー基礎講座(どんどん大きくなるコミュニティ構築の方程式)
コミュニティリーダー基礎講座(どんどん大きくなるコミュニティ構築の方程式)
コミュニティリーダー基礎講座(どんどん大きくなるコミュニティ構築の方程式)
学生スタッフの打合せ風景
イベント当日
スタッフの力作!

また、ご自身のコミュニティだけでなく、多くのコミュニティに参加され、そこでの
成功や失敗をノウハウとして体系化されています。

そして、多くのコミュニティ、会員制サービスの支援をされ、成果を出されています。

今回は、この今井さんのノウハウを、ぜひ、皆様に聞いていただきたいと思っています。


●スパイラル的に増幅するメカニズム

このようなコミュニティを作りたい人は、いろいろと悩みが多いもの。

「コミュニティをどう作っていけばいいのか?」、「楽しく人が集まってくれるにはどうすればいいのか?」という事で悩んでいる方もいらっしゃると思います。

今井さん自身も、たくさんの異業種交流会や勉強会に参加し、いくつかの交流会を作ったそうです。しかし、せっかく参加した異業種交流会では、名刺はたくさん交換できたけれども、その後にまったくつながらないこともしばしばあったとか。

また、ご友人に声を掛けて初めた交流会も、結局、仕事が忙しい、お金がかかる、といった理由で、一年間も続かないうちに自然消滅したことがあるそうです。

しかし、今井さんは言います。

「コミュニティの最初の立ち上げは本当に大変です。しかし、一度しっかりとしたホンモノのコミュニティを構築できしてしまえば、あとは自動的に拡大していき、パワーを発揮していきます。主催者が何もしなくても、勝手に大きく動き出すのです。

そのためには、コミュニティの力学を理解し、その力をスパイラル的に増幅させる方法を学ばなくてはなりません」


(うまく行っているコミュニティには共通点が・・・)

コミュニティの力学、という言葉を今井さんは使われています。

私も2回ほど今井さんのセミナーをお聞きして、「あぁ、なるほど!言われてみればそうだよなぁ」という気持ちになりました。

つまりは、人間の本質的な欲求に基づいた考え方なのです。

皆さん、誰しもよく考えれば知ってることですし、人をまとめるのが得意な人は自然とこのような振る舞いをしていることでしょう。

でも、それを誰にでもできるように体系化された今井さんは素晴らしいです。

この方法で、多くの方が、ご自身のコミュニティを立ち上げて、たくさんの人の成長を見守っていただければなぁと思います。


●社会的な必要性

ところで、今、コミュニティという”学びの場”が、日本にもっとも必要ではないかと私は考えています。

昔であれば、会社が学びの場としての受け皿でした。

しかし、多くの組織がスリム化し、成果主義が蔓延しているなか、部下や後輩を育てる余裕はもはやなくなってきています。

また、社外の学びの場というとビジネススクールが代表的ですが、インターネットが普及した今、知識を得るだけの講義は、もう必要ありません。

検索すれば一発で出てくるほど、知識としての情報は手に入りやすくなりました。

そして、人々は、本当の”知恵”を求めています。

それは、人と人が交わることでしか得られない無形のもの。

講師が提供しようとしても無理なもの。

偶然の出会い、会話によって気づくもの。

講師には伝えられなくても、他の受講生が別の言葉で語ってくれるもの。

今、この時代に合った、新しい学びの方法が求められています。
本質が学べる場所が必要です。

しかし、これは、一過性の研修やセミナーでは到底実現できません。

それらの問いは、研修やセミナーだけでは解決しませんがコミュニティの活動によってクリアすることができます。

共に学ぶコミュニティを構築すれば、互いに助け合い、学びあい、長い付き合いをすることができます。

そして、ぶつかり合って、人と人が成長しあいます。

コミュニティリーダー基礎講座(どんどん大きくなるコミュニティ構築の方程式) コミュニティリーダー基礎講座(どんどん大きくなるコミュニティ構築の方程式)
(人と人とのぶつかり合いが成長を生む)

私たちの仕事は、人を成長させることですが、第三者が人を成長させるなんて、実はできないのではないでしょうか。

人は、自分自身で気づきを得て、自分自身で行動したときに始めて成長するものです。

私たちができることは、きっかけとしてのほんの少しの情報を提供し、あとは、”成長の場”を提供することだけだと思います。

たくさんの人に成長してもらいたいと思っても、一過性の取り組みでは世の中は変わりません。

継続可能なことでしか、世の中は変えられません。

その形式は、有料の会員制サービスでも、セミナー参加者限定のコミュニティでも、なんでもかまいません。

ぜひ、受講生の学びを育てる場としての、コミュニティについて、一緒に勉強してみませんか?


●対象者

 

●セミナーの主な内容


■コミュニティリーダー育成講座の詳細:
日時:

2008年10月18日(土曜日) 10:00〜17:00

講師: 今井 孝 氏
場所:

ジャストレード株式会社オフィス 飯田橋セミナールーム 
東京都千代田区富士見2-6-9 雄山閣ビル4階-A 地図はこちら
※最寄り駅:
   JR総武線、有楽町線、東西線、南北線、大江戸線
   「飯田橋」駅 徒歩2分

価格:

通常価格52,500円のところ、株式会社マイルストーン主催 特別価格

Warning: mktime() expects at most 6 parameters, 7 given in /home/hiromizunon/m-stn.com/public_html/sp/seminar/community/index.php on line 335
42,000円
(消費税込み)

定員:

12名(最低施行人数6名)

お支払い方法: 銀行振り込み
(お申し込み時に、お振込口座など、詳細をご連絡いたします)
主催: 株式会社マイルストーン
  メール:sem@mstn.jp

 

●お申し込みはこちら

以下のフォームに必要事項をご記入になり、お申し込み下さい。

■コミュニティリーダー養成講座 お申し込みフォーム 
  会社名


 お名前(漢字) (例:山田 太郎)
お名前(ふりがな) (例:やまだ たろう)
E-mail (例:taro@e-mail.xx.jp)
E-mail(再入力) (例:taro@e-mail.xx.jp)
郵便番号 (例 : 103-1234)(半角入力)
ご住所
(例:東京都台東区浅草1-2-3 緑コーポ405号室)
電話番号 (例:03-1234-5678) (半角入力)
 FAX番号 (例:03-1234-5678) (半角入力)

懇親会参加希望
時間内に話しきれなかったことや、質問にお答えしていきます。ぜひ、時間が許す限り参加してくださいね。
(会費は4,000円です)

参加する  参加しない
その他、連絡事項、ご要望、事前に質問などがございましたら、ぜひお書きください。
  

.

■講師紹介

今井 孝
コミュニティリーダー育成コンサルタント

キャリッジウェイ・コンサルティング 代表
ICG国際コンサルタンツグループ 事業次長
NPO法人CRファクトリー顧問

1973年大阪生まれ。大阪大学大学院卒業。
大手IT企業で新規事業の開発に約8年従事。初年度年商5億円の事業を立ち上げ、社内アワードを獲得。

2005年の独立後、新規事業の立ち上げ期をマネジメントできるプロジェクト・リーダーの育成を行う中で、共通の夢や目標を持ったコミュニティの重要性を痛感。

独自のマネジメント方法論を体系化し、教育・支援を提供した企業・団体は100以上にのぼる。

大手メーカーのインキュベーション組織や、著名なNPOも支援。毎月数十人の会員が増える起業家コミュニティや、マスコミに取材される勉強会の主宰者も輩出。

自身も2つのコミュニティを主宰。100人以上のスタッフをまとめる。また、発行する読者参加型メールマガジンの読者は3万人を超える。

 

 

●受講者のご感想


もうちょっと早く知っていれば・・・。

コミュニティ作成中なだけに、とても「痛いところを突かれたセミナー」でした。

もうちょっと早く知っていれば・・・という点も非常に多かったです。特に「どうやったら他の人に手伝ってもらえるだろう」という点は、兼ねてから疑問だったのですが、かなり明確にわかったように思います。ありがとうございました。

起業・創造コミュニティOCL-ABC 代表 四ツ柳茂樹様 男性)


ウワサどおりの面白くてタメになるセミナーでした!

ウワサどおりの面白くてタメになるセミナーでした!自分の可能性を信じられる、そんな気持ちに自然としてくれるような不思議な時間でした。

セミナーの中での「問いかけ」は非常に本質的で(例:なぜ、コミュニティに人は入ろうとするのか?etc・・・)ワクワクしました。

(木田悟史様 男性)


不足点が分かった!

本日はコミュニティを作る意味、目的からその場作りのノウハウまで非常に内容的に参考になりました。今後より明確にコミュニティ活性化を行っていきたいと考えています。

今までの不足点として、全員参加型でなかった点、メンバー全員のヒアリング、フィードバックがなかった点がこのセミナーを受講して気づいた点です。2時間半のセミナー、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

(S様 男性)


気持ちが楽になり、行動したくなった!

今井さんがいろいろ試して試験して得てきたものをノウハウ化して開示していただいたことに共感をとても持ちました。

コミュニティのリーダーは参加者に輝く場を提供するというのは今まで考えてなかった視点で、気持ちがかえって楽になり、行動したくなりました。ありがとうございました。

(早川健治様 男性)


コミュニティのイメージがはっきりしてきた!

コミュニティの本質とはなにか?ということが知りたかったが、「一人一人が主役になって輝く場」「すべての人々が自分の居場所をもてる世界を創る」という言葉を聞くことができ、腹に落ちました。

講師業と連動するコミュニティのイメージがぼんやりしていましたが、今日の講義ではっきりしてきました。「自分の居場所」を創るべく、具体的な1歩を踏み出していきたいと思います。

(水野浩志様 男性)


内向きから外向きへ、気持ちが変わった。

セミナーに参加する前までは、内向きコミュニティを創ることに気が向いていましたが、同じテーブルの皆さんとお話することで外向き(対外的に行動してゆく)のコミュニティを創りたいと考えるようになりました。今井さんのコミュニティに対する考え方やアプローチ方法を吸収して、活かしてゆきたいと思います。ありがとうございました。

(林陽子様 女性)


絵が描けそう!

運命的にこのセミナーを教えていただき助かりました。
コミュニティの考え方(作り方)がわかりました。
教えていただいたポイントをクリアしていける絵がかけそうです。
本日は本当にありがとうございました。

(藪正一郎様 男性)


経験に裏打ちされたセミナー!

やはり経験に裏打ちされたセミナー、レクチャーは、内容に重みがありますね。

今井さんの”受身的な前向きアプローチ”を学びたいです。
自分自身が楽しみながら、周りがついついやりたくなっちゃうような、軸(磁石)をつくっていけたらと思いました。
まずは自ら動いてそのワクワク座をShareするところから・・・。
徐々に周りを巻き込みながら・・・。

(奥田真紀様 女性)


ミッションと価値を見つめなおします

今日はとても分かりやすかったです。
今、自分に不足していた「ミッション」「価値」を見つめ直します。ぜひ上級編も行きたいです。

中小企業が頑張っていくためには学生のパワーが必要だと思うので、学生と社会人の橋渡しの場を作っていけたらいいなと思います。。

神戸ユネスコ協会 理事 桶下真理様 女性)


キーパーソンを育てて行きたい!

今までは漠然と作るあげてきたコミュニティですが、その動かし方を理論的に体系だって教えていただきました。

特にミッションの明文化と発信、フィードバックの仕組み作りという点についてはすぐに取り組んでみたいと思います。「私達はあなたのことを大切にしています」というメッセージを受け取っていただけるような仕組みを作っていきたいと思います。

メンバーが燃え上がれるようなミッションを発信して、世の中に希望を与えてくれるキーパーソンを育てていきたいと思います。

(木村仁哉様 男性)


一人一人少しずつ

何かを始めるときはまず一人を説得することから始めるということを再認識しました。一気には大きくなれないのは当然で少しずつ巻き込んで上にむかっていくことが継続的発展につながるのだと思いました。

まずは自分が提供できるナレッジをつけることが必要だと反省しております。いい機会を与えてくださってありがとうございました。

日本の次世代リーダー養成塾 相戸和歌子様 女性)


新鮮なフレームワークだった!

コミュニティを作り、維持するフレームワークというのが非常に新鮮でした。このフレームワークによって自分のプランにかけていたアイテムが分かりました。そのアイテムの答えをこれから考えてゆきます。

(M様  男性)


きちんと確立したい

非常に深い内容で多くの気づきがありました。ありがとうございます。まず「ゆるぎない理念」→使命として共感してもらえるもの、これをきちんと確立したいです。

(O様 女性)


基礎から学べた!

今回の参加目的であったコミュニティの作り方という物を基礎の所から学ぶことができました。今後自分の思い描くコミュニティに活用できるよう取り組んでいきたい。特に参加型という難しさを学んだ。色々な方向性から打ち込んで行きたいです。

(おおえ克也様 男性)


ポイントが分かりやすい。スッキリ!

ビジネスモデル分析のときにも感じましたが、一般的な曖昧なテーマについて、ポイントはこれ!とズバっと整理してくださるので頭がスッキリしました。どうもありがとうございました。
今日のセミナーで実践できるアイデアが見つかりましたので早速行動に移します。

(長崎直樹 男性)


6割と気づいた!

今まで自分自身でコミュニティを立ち上げて、全て回そうと思ってましたが、6割と気づきました。どうもありがとうございました。

ポータルジャパン株式会社 代表取締役 村山慶輔様 男性)


新しい考え方!

人の集まりはそれだけでパワーとなる。
様々な価値があふれる中で1つの理念だけで組織されるコミュニティの考えは非常に新しいと感じた。

(大沢育郎様 男性)


事例が多く、リアリティがある!

今日のセミナーでは実例が多く、リアリティを持ったセミナーだったと思います。コミュニティに関しては自分はまだ何もできていないのですが、やらなくてはいけないと強く感じました。グループワークが皆さん面白い人ばかりで有意義だったです。

(蔵本貴文様 男性)


重要なポイントが明確!

コミュニティを作るうえで外せないポイントがよく伝わってきました。4つのコミュニティスパイラルの中で、特にミッションスパイラルの重要性を感じました。理念に共感する人のフィードバックから使命に気づかされるという部分は響きました。

プライマリークラブ 安田剛様 男性)


これからの時代に大切!

本日は貴重なお話をありがとうございました。前回のビジネスモデル構築セミナーも素晴らしかったので期待してきたのですが、また期待以上の内容でした。今井さんがご自身で体験されていることもあって、本等からコミュニティの大切さは知っていましたが改めてこれからの時代には大切であると実感しました。

(鈴木智典様 男性)


体系立てて学べた!

コミュニティの価値や作り方、発展のさせかたを体系だてて伺えたのでタメになりました。「一人一人が主役になって輝ける場」がコミュニティだという考え方、色々なことに応用できそうです。

(和田円佳様 女性)


ビジネスに心強い!

ぼんやり考えていたことが明確になってきました。早速理念をかためてスタートしたいと思います。コミュニティがあると心強いです。

(山上はるみ様 女性)

●最後に

●最後に 〜その他の効用〜

なお、このセミナーは、様々な活動にも応用できます。

顧客コミュニティ、異業種交流会、勉強会、NPO、社会起業、ボランティア、社内コミュニティ、インキュベーション などの運営にもそのまま使えます。

コミュニティと言われるもの、すべてに当てはまるノウハウですし、本質的な考え方だからです。

実際、今井さんは、学生と若手社会人からなるコミュニティを主宰されていますし、「コミュニティリーダー基礎講座」というセミナーも開催されていて、NPOの方々や、大企業の方々、そして起業家やコンサルタントの方々も参加されています。

特に最近は、部門間の縦割りをなくし、ワイワイ、ガヤガヤと新しい価値が生まれる社内コミュニティを作りたいということで、大企業の方々が今井さんのアドバイスを聴きに来られています。

しかも、ここで学んだことは、会社のマネジメントにもそのまま活かすことができます。
コミュニティのマネジメントができれば、有給の社員をまとめることは、それほど難しくはありません。

「コミュニティリーダー基礎講座」は2時間のコースですが、今回は1日コースです。

特に、講師・研修業、社内講師、コーチ・コンサル・カウンセラー業の方々にアレンジして、受講生の会員制コミュニティの事例を厚く話していただく予定です。

このセミナーに出て、無駄になることはほとんどありません。

楽しみにしていてくださいね。

申し込みフォームに戻る


| ホーム | プライバシー・ポリシー | 特定商取引に基づく表示 |